厚木の資産価値

厚木の資産価値のある一戸建てとは

一戸建てを厚木で買う場合には資産価値についても考えておくことが大事です。

資産価値というのは決してその一戸建ての販売価格と比例するとは限りません。

新築の場合はどのような物件でも審査価値が高いものですが、10年20年と経過しますと販売価格が同じ厚木の一戸建てであっても資産価値に大きな違いが出てくる場合もあります。

資産価値が高い一戸建ての物件とはどのようなものなのでしょうか。

まず厚木のみならず全ての地域で共通して言えることなのですが新しければ新しいほど価値があります。

その他にも建築資材による価値の違いがあるのです。木造やプレハブ、コンクリート物件などがありますが、この中で経年による資産価値が高いのはコンクリート物件なのです。

コンクリートは経年による劣化が少ないこともあり耐震性が高いのです。

そのかわり最初の建築費用も高くなりますが不動産としての価値を高めたい場合にはコンクリート物件が適しています。その他にはデザインも価値に直結します。

デザイナーズ物件の場合は流行のあるものの場合は今はかなり高い価格で取引されるのですが、流行が過ぎてしまった場合やかなり奇抜なものの場合は大きく価値が下がってしまいます。

経年によるデザインの劣化がない場合には価値が高くなるのです。

その他にも一戸建ての場合でしたらこのようなものも大きく関わってきます。それは周辺の状況の変化です。都市開発があった場合には家屋の劣化があっても土地の高騰がありますので価値が上がることもあります。

マンションの場合ですと土地の価値は少なくなるのですが、一戸建ての場合は土地は全て家主のものですので土地による影響は大きいのです。しかし資産としての価値が高くなれば高くなるほどいいのかというとそうとは限りません。

例えばもう一生この土地で暮らすと決めている場合にはむしろ価値が高くなることによって税金が高くなるなどの問題が出てきます。

固定資産税はその時の不動産の価値によって決められるものだからです。家屋が劣化していても土地そのものが高騰している場合には税金が前よりも高くなるということはありえます。

価値が上がれば売ればいいと思っているのでしたら価値が上がることはむしろメリットと言えるのです。

あと家をリフォームする場合には単なる修復目的のリフォームですと固定資産税が上がりませんが、全面的に改築をしてきれいにした場合に価値が上がるので固定資産税も上がります。”