厚木に西向きの一戸建て

厚木に西向きの一戸建て分譲住宅を購入するメリット

厚木で一戸建て分譲住宅を購入するには、区画の位置や方角が気になるところですが、基本的には南向きが理想となります。南向きでも角地の場合には南東や南西になりますが、必ずしも希望通りの区画が購入できる訳ではありませんので、厚木で一戸建て分譲住宅を購入するには事前に希望の方角を決めておくことが大切です。

分譲地で最も良い区画は南東の角地となりますので、最も早く売れてしまうのが普通ですから簡単には購入できない区画となります。

分譲地では日当たりの良さを確保するために東西方向に長い道路を計画するのが一般的ですから、南向きと北向きの区画ができるのが普通です。区画の販売価格に差を付けることが可能ですから、販売する側としてもメリットが多い街並みとなります。しかし分譲地の形状から南北方向に道路を計画する場合もありますので、その場合には東向きと西向きの区画が多くなり、南向きの区画は角地のみの配置となってきます。

東と西でどちらの区画が一戸建てに最適なのかという点は、ライフスタイルにも影響する部分ですからそれぞれの環境で選ぶことが大切です。

太陽の動きを考えれば東向きでは午前中に日当たりが良くなりますが、午後からは西側にある建物に遮られほとんど日が当たらない状態となります。

一方で西向きの区画では東向きと逆の状態となりますので、午前中は日が当たらないものの午後からの日差しは良く当たる環境があります。一戸建て住宅は注文設計で新築することも可能ですから、設計プランによっては日当たりの悪さを改善することが可能です。

窓を多くすればそれだけ日当たりは良くなりますし、吹き抜けも日当たりには良い効果をもたらします。屋根に設置するトップライトも日当たりの確保には有効ですから、設計プランでもある程度解消することが可能なのです。

一戸建ての基本的な部分では区画が影響する部分が多いため、東向きの区画は午前中の日当たりを重視するには最適ですし、午後の西日を好む場合には西向きの区画が良いと言えます。

冬場や夏場など季節によっては西日が当たる方が良い場合もありますし、夏場の西日を避けるには東向きが良いのです。

家庭ごとに一戸建て住宅に求める内容が異なりますし、ライフスタイルも異なるのが当然ですから、好みに応じて選ぶのが最も大切だといえます。厚木で一戸建て住宅を購入するには建物の基本性能も重要ですが、日当たりの良さを決める方角も重要なのです。”