維持費とは

厚木で一戸建てを購入した場合の維持費とは

厚木で一戸建てを購入しますとどれくらいの維持費がかかるものなのでしょうか。

まずは税金があります。購入したその年には不動産取得税がかかるのです。購入した一戸建て住宅の価格によりその額が違ってくるのですが、結構な大きなお金になることもありますので頭金の用意だけではなくこのお金も用意しておいてください。

その他にも固定資産税がかかります。これは家を持っている限りは暮らしていなくてもかかる税金なのです。その時の評価額によって変動するものですのでまだ新築の時にはかなりかかってしまいます。

ただ住宅ローンを利用している場合には住宅ローン減税を受けられる場合もあり、しばらくの間、大体5年くらいは固定資産税を支払う必要がありません。いずれは支払うことになりますが、その時には不動産の評価額も下がっていますので新築一年目のような多額の税金になることはないのです。

その他に厚木の一戸建てにかかる維持費といえば家の修復にかかる費用があります。まだ新築の時にはそう必要ありませんが、一戸建ても10年くらい経過しますと何かと修復をしなければいけない部分が出てくるのです。

まずは外壁の塗装です。外壁は雨などにさらされているために取れてくるのですが、塗装が取れますと家の保温効果が低くなってしまったり雨による影響で一戸建ての家の柱が腐ってしまうなど非常に大きな影響をもたらしてしまいます。

ですので塗装剤にもよりますが、少なくとも10年に一度くらいのすぱんで塗り替える必要があるのです。この価格は厚木の一戸建ての外壁の面積によりますが、大体100万くらいの単位でかかるものだと思ってください。

他にも必要になるのが耐震性を保つための維持費です。家は安全でなければいけませんのでまず耐震性を兼ね備えているかどうかを知るために耐震審査をしなければいけません。そして問題があれば修復を行います。

検査のための費用も掛かりますが、修復の費用も掛かるのです。マンションの場合は毎月管理費などを支払っていますが、一戸建ての場合はそのような費用がありませんので自分で将来必要になる修復費用を貯金しておかなければいけません。

災害などが起こりますと予想以上に費用が掛かってしまうこともあります。
それらの他にも予想外の費用が掛かる可能性もありますので毎月一万円くらいのペースで貯金はしておくようにしてください。大きな家ですともっと維持費がかかりますので5万から10万くらいは必要になります。”